競馬の祭典!凱旋門賞ガイド

中長距離に分類される距離を走る

凱旋門賞の競争条件というのは、創設以来2400m(1マイル半)に決められており、中長距離に分類されることとなる距離を走ることになります。
英国ダービーを初め採用されているこの距離というのは、クラッシック・ディスタンスや選手権距離等とも呼ばれています。

 

競走馬にとりましては馬場の状態や距離等で得意不得意が出てくるために、中長距離を得意としている馬にとって凱旋門賞は大きな目標の一つになっています。

 

一般的に競馬を距離別に見てみますと、1200m前後(1000-1400未満)のスプリント、1600m前後(1400-1900未満)のマイル、2000m前後(1900-2200未満)の中距離、クラッシックに多い2400m前後(2200-2800未満)の中長距離、2800m以上の長距離に大別することが出来ます。

 

凱旋門賞と同様の距離を走る大会としましてはダービーステークス、オークス、ブリーダーズカップ・ターフ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、宝塚記念、エリザベス女王杯、ジャパンカップ、有馬記念などを挙げることが出来ます。

 

オールラウンダーとして確立

現在においては中長距離よりどの馬も走りやすいと言われている中距離レースが好まれている傾向にあり、長距離レースというのは衰退の傾向にとなります。
とは言いましても、名馬として名高い馬というのは中距離や長距離などを選ぶことなく、オールラウンダーとして確立しており、競馬界だけに限ったことではなく一般でも馬名を耳にすることがあるかと思います。

 

凱旋門賞を走る競走馬には繁殖馬であることが義務になっています。そのことから、馬の気性が荒いなど、レース前に問題が起こってしまう可能性も高くなっています。

 

しかし、凱旋門賞の趣旨としましては、レースが安定することよりも、とにかく繁殖馬としての資質を見ることにあるのです。
凱旋門賞出走馬や優勝馬には繁殖馬としての地位が高い格付けとなります。

 

大袈裟にこれは決して言っているワケではありませんが、凱旋門賞 ブックメーカーに関することは現在では簡単に調べることが出来ます。
凱旋門賞に関する専門サイトなどをもし凱旋門賞の情報を集めたいのでしたら、参考にされることをオススメします。

 

インターネットをもし凱旋門賞 オッズのことを調べているのでしたら有効活用しましょう。
多数凱旋門賞のクチコミ情報も見ることが出来ますので、きっと参考になることでしょう。

 

この記事を読んでいるということは、凱旋門賞について調べているのかと思います。
参考にするべきサイトはいくつもありますので、まずは凱旋門賞の基本的な知識を学ぶようにしてください。

 

もし凱旋門賞 オッズのことを調べているのでしたらインターネットを有効活用しましょう。
凱旋門賞のクチコミ情報も多数見ることが出来ますので、きっと参考になることでしょう。

 

凱旋門賞のことについては今では非常に便利な世の中になったもので、簡単にインターネットで調べることが出来ます。
しかし間違った凱旋門賞情報を公開しているサイトもそれらのサイトの中にはあるので、サイト選びは非常に重要です。